FrontPage

Medical NLPプロジェクトとは?

自然言語処理(Natural Language Processing)を活用して、臨床の現場で役に立つ診断支援システムを研究開発するとともに、病院情報システムのインテリジェント化に役立つライセンスフリーな疾患知識ベースを公開することを目的としたプロジェクトです。

診断支援システムはいろいろ研究されて来ましたが、我々の研究では、日本の医師が実際に使って役に立つ実用性と、クエリデータの解析を通じ難病研究に寄与することを目標にしています。

症状入力画面
病名出力画面

研究代表: 国立保健医療科学院
研究情報支援研究センター
特命上席主任研究官
奥村 貴史 (taka at wide ad jp)

沿革

  • H21. 厚労科研費「未分類疾患の情報集約に関する研究」の分担として開始
  • H22.1 プロトタイプシステムの利用者セミナー開催
  • H22. 厚労科研費「今後の難病研究のあり方に関する研究」の分担として継続
  • H23.1 H22年度版システムの利用者セミナー開催
  • H23. 厚労科研費「今後の難病研究のあり方に関する研究」を継続
  • H23.8.11 プライマリケアカンファレンスにて紹介
  • H24.4 文科 科研費「疾患知識ベースの効率的な整備手法と利用促進に関する研究」に、採択されました。H26.3まで、継続します。
  • H28.4 国立情報学研究所 平成28年度 公募型共同研究「診断支援システムデータに駆動される公衆衛生政策の創生に関する研究」が採択されました
  • H28.10 一般財団法人 新技術振興渡辺記念会 科学技術調査研究助成 平成28年度下期「医療用人工知能の技術革新と国際競争力向上に資する制度設計に関する研究」に採択されました

発表論文

  • M. Omura, N. Sonehara, and T. Okumura, "Practical approach for disease similarity calculation based on disease phenotype, etiology, and locational clues in disease names", 2016 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2016), December 2016.
  • Takashi Okumura, Demi Menez, and Theekshana Abayawickrama, "Refining disease databases for Clinical Decision Support Systems: Post-processing disease entries after integration of OMIM and Orphanet", 2015 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2015), November 2015.
  • M. Ito, S. Nakagawa, K. Mizuguchi and T. Okumura, "Integration of disease entries across OMIM, Orphanet, and a proprietary knowledge base", The 28th International Conference on Industrial, Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (IEA/AIE2015), June 2015.
  • M. Omura, Y. Tateishi and T. Okumura, "Disease Similarity Calculation on Simplified Disease Knowledge Base for Clinical Decision Support Systems", The 28th International FLAIRS Conference (FLAIRS-28), May 2015.
  • 大村舞, 建石由佳, 奥村貴史,「簡易疾患知識ベースを基にした疾患間の類似度計算」, 人工知能学会, 知識ベースシステム研究会, 人工知能学会合同研究会2014, 2014年11月.
  • 奥村貴史, 近藤賢郎,「診断支援プラットフォームと感染症サーベイランス」, 人工知能学会, 社会におけるAI 研究会, 人工知能学会合同研究会2014, 2014年11月.
  • 田中宏明, 建石由佳, 奥村貴史,「疾患参考文献の生成に向けた文書分類アルゴリズムの検討」, 第17回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2014), 2014年11月.
  • T. Okumura, H. Tanaka, M. Omura, M. Ito, S. Nakagawa, and Y. Tateisi, "Cost decisions in the development of disease knowledge base : A case study", 2014 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM 2014), November 2014, pp.62-69.
  • T. Okumura and M. Tagawa, Hierarchical representation of differential diagnosis lists for clinical decision support systems, Workshop on Interdisciplinary Design of Pervasive Healthcare Applications (IDPHA2014), May 2014.
  • T. Okumura, E. Aramaki, and Y. Tateisi, Expression of laboratory examination results in medical literature, Fourth Workshop on Building and Evaluating Resources for Health and Biomedical Text Processing (BioTxtM 2014), May 2014.
  • T. Okumura, Y. Tateisi, and E. Aramaki, Classification and characterization of clinical finding expressions in medical literature, the IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM2013), Dec 2013, pp. 530-534.
  • T. Okumura, E. Aramaki, and Y. Tateisi, Clinical vocabulary and Clinical finding concepts in medical literature, International Joint Conference on Natural Language Processing, Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields, Oct 2013.
  • 奥村 貴史, 荒牧 英治, 建石 由佳, 疾患知識ベースのcommunity-driven currationと診断支援プラットフォーム, 第30回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 2013年8月.
  • Y. Tateisi and T. Okumura, A Simple Approach to NTCIR-10 MedNLP task, 10th NTCIR Conference, MEDNLP Track, June 2013.
  • T. Okumura and Y. Tateisi, Interpretation of laboratory examination results and their simple representation, IEEE International Symposium on Computer-Based Medical Systems (CBMS2013), June 2013.
  • T. Okumura, and Y. Tateishi, A lightweight approach for extracting disease-symptom relation with MetaMap toward automated generation of disease knowledge base, 1st International Conference on Health Information Science (HIS 2012), Apr 2012.
  • T. Okumura, K Taneda, and H. Ogata, Bridging the gap between consumer eHealth and public health through a diagnostic decision support system, IARIA, Third International Conference on eHealth, Telemedicine, and Social Medicine (eTELEMED 2011); 2011.2.23-28; Gosier, Guadeloupe, France. pp.22-26.
  • M. Minami, K Suzaki, T Okumura, Security considered harmful - A case study of tradeoff between security and usability, IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2011);2011.1.9-12; Las Vegas, USA., pp. 679-680.
  • 緒方裕光, 奥村貴史.未分類疾患の発見プロセスに関する確率論的考察.保健医療科学.2010;59(3):236-40.
  • 奥村貴史.臨床研究における症例登録と診断支援システム- 臨床医と患者の支援を通じた症例登録の自動化に関する試論.保健医療科学.2010;59(3):212-7.

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional